東春電気の実績

Accomplishment

  • 設備取り換え工事
  • 電気設備点検業務

新変圧器組立② 愛知県知多市 | 電気設備点検 | 特別高圧工事

前回の続きです。

変圧器本体を据え、その後は各部材を取り付けて、実稼働できる変圧器へと完成させていきます。

各部材と言っても、一つ一つがとても大きい物ばかり。

変圧器はその名の通り、電気を変圧するものです。

そのためには、電気の通り道を作らなければ意味がありません。

今回はエレファント変圧器のため、エレファント室をまず作成しました。

エレファントとは、

変圧器電力ケーブルを直結したもので,その姿が象に似ていることからエレファント変圧器と言われています。
特長は充電部の露出がないため,据え付け空間が少なくてすみ,また塩害,小動物,じんあいの影響を受けないことです。

エレファント室内に絶縁油を入れることにより、相間の充電部との離隔距離も少間で保たれるため、超高圧の変圧器では多用されることが多いです。

その後、変圧器が稼働する際、本体タンク内の絶縁油に浸された鉄心・巻線を冷却させるために、タンクの外側に冷却ファンを取り付けました。

画像にもある通り、大きいファンが6つ付いていると思いますが、冷却面積を大きくするために、これほどの冷却装置がないと変圧器が高温になり、異常が起きます。

そして、油の通り道の油導管を取り付け、概ね変圧器が完成しました!

1週間〜2週間ほど、この作業が続きました。

レッカーを使っての作業が多く、高所作業でもあるため、合図応答・安全帯の無胴綱使用・相互監視など、安全を第一に考慮しながら、とても貴重な経験ができました。

次は、変圧器の各部に異常が起きた時に警報を出すための制御ケーブルの布設・端末を記事にあげます。

お楽しみに!

単純な仕事は好きじゃない!

RECRUIT採用情報

個性と技術力のマッチングが
活き活きとした社風をつくる

東春電気工業は電気を安定的に供給し、安心生活の一役を担う会社です。
目立たない仕事ですが、安定した電力供給のため縁の下の力持ちとして
高い技術力で社会貢献していると自負しています。

MORE