ホーム > お問い合わせ > 点検業務までの流れ

点検業務までの流れ


東春電気工業の仕事の流れ

工場の電気主任技術者および資材担当

  1. 年次点検計画の作成。(約1年前)
    1. 点検対象設備一覧。(保安規定により)
    2. 点検内容の細目決定。(過去の点検履歴や点検記録を参照)
    3. 定期点検以外の設備改修または修理計画。(経年と事前の改修提言を参照)
    4. 作業実施日の選定。(電力会社との打ち合わせを含む)
    5. 停電計画の策定(停止不可の設備への仮電源設備配備計画を含む)
  2. 年次点検および改修工事の見積もり依頼(約10か月前)
    点検保守業者へ見積もりの提出を依頼する。
    (作業内容によっては、複数の業者へ見積もり依頼をする場合がある)

点検元請業者

  1. 発注点検計画の精査と、専門種別により外注範囲と、元請施工範囲の選定。
    (必要に応じ現場調査及び材料等の品質仕様、仮設電源等の細部打ち合わせ)
  2. 元請け施工分の自社見積もり書作成。
  3. 外注分の仕様決定と見積もり依頼。(約9か月前)
  4. 元請け施工および外注施工分の見積書を取りまとめ発注者へ提出。(約8か月前)
  5. 発注者と契約および精密な作業手順の打ち合わせ。(場合によっては、作業実施日1か月前に再度詳細な打ち合わせをする、これには外注業者の作業責任者も参加する)

外注業者

  1. 元請業者より見積もり依頼を受けて、仕様内容の精査。(必要に応じて現場調査を 元請けに要請し、発注者と打ち合わせる)
  2. 交換部品が必要な場合は、メーカーに見積もり依頼をする。(メーカーからの技術員派遣内容の打ち合わせを含む)
  3. 交換部品が必要な場合は、メーカーに発注手配をする。(電力機器の部品は納期が4〜5か月必要となるので要注意)
  4. 見積書提出と契約。(約6か月前)
  5. 詳細な停電時間と作業手順の打ち合わせ。(発注の工場にて)
  6. 発注部品の入荷確認。(約2週間前)
  7. 作業前日に工具・測定装置・材料を準備。

作業当日

  1. 電気主任技術者は、停電計画に従い停止操作を指揮する。
  2. 各作業区画は、現場責任者が検電しアースを取り付け、作業区画をそれぞれ確立する。(作業区画は、設備内容や停電区画により選定する)
  3. 作業区画単位に作業者全員でKYM-TBMを実施し、作業安全対策と作業分担を明確にして作業に着手する。
  4. 各点検対象機器の特性試験を実施し、前回の点検記録との相違をチェックする。
  5. 点検手入れ後の特性試験で、手入れ後の性能をチェックし、異常のあるデータは即日コメントし、後日の点検記録提出時に対処方法についての提言を付記する。

作業終了後(数日後)

  1. 点検作業の記録を提出。
  2. 必要に応じて、改修が必要と思われる理由と提言を提出。

ページ先頭へ